フォトウエディングで記念写真、結婚式をしない人でも

カテゴリー

おすすめコンテンツ

kinensyasin

事象

結婚、七五三、入学、卒業のように、何かの節目節目に撮影す…

婚姻

kekkon

夫婦になる事を結婚と言いますが、これは社会的に承認された行為です。
日本では単婚制と言われる1対1の結婚しか認められていません。
近代国家の多くがこの結婚の形を採用しています。
一部の国では、一夫多妻の形で結婚をしている国もあります。
一夫多妻では1人の男性が複数の女性と婚姻関係を持つと言う形式です。

一夫多妻

kikazaru

近代国家ではありえない一夫多妻ですが、これは元々夫が戦争によって死んでしまう可能性が高かった為に、未亡人や遺児の生活を保証する為に行われた物です。
また、男性に経済力がなければ意味が無い為に、一夫多妻制が可能なのは経済力がある男性のみとされています。
イスラムや、モルモンでは一夫多妻制を採用しています。

日本

古代日本~平安時代には恋愛は非常におおらかな物でした。
また、この頃は男女の関係は平等だったのです。
当時は夫が妻の実家に通う通婚と言うのが通常でした。しかし、通婚では妻は待つ事しか出来ず、夫が訪ねて来なければ愛人を作っても離婚するしか出来ないと言う状況でした。
鎌倉~戦国時代には家父長制の成立し、そのおかげで女性の地位が低下しました。
妻は夫の家へ嫁入りする形になった事で、夫の所有物であると言う意識が強まったのもこの時代です。

江戸

戦国時代から進化し、江戸時代になった日本では家を秩序を守るための礎にしました。
それにより、女性は父に従い、嫁へ行けな夫に従い、老いてからは息子に従うと言う低い地位におかれるようになりました。
また、子供が生まれない妻は離婚されても文句は言えなかった為に、妾に子供を産んでもらう事もありました。

近年

現代の結婚、結婚式ではフォトウエディングや記念写真程度で済ませてしまう人も多いです。
式にも時代によって流行り廃りがあります。

スペシャルコンテンツ

事象

結婚、七五三、入学、卒業のように、何かの節目節目に撮影する写真を記念写真と言います。旅先や遊興の場で撮影される事も多いです。一般的には非日常性を帯びている物を指して使われる事が多いですが、場合によって…

kinensyasin
wedding

結婚式を上げる場合には、300万円程度はお金が必要になってきます。近年、結婚式事態をする人口が減りつつあります…